東大院生経営「ネパール書店」

「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ではありません。民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムがつまっています。 温室育ちで図々しい店長が、アジアの最貧国で失敗挫折しながらも諦めずに奮闘する過程・時間を通して、アイテムをたっぷりとご用意する予定です。その品揃えの個性とセンスは、ぜひお越しいただきお確かめください。

ネパールで海賊王になる男に出会った話

ネパールの語学学校で出会った坂元くん。 話を聞いてみると、おもろい。とにかくおもろい。 そして謎も多い大学生の坂元くん。 面白そうな活動をしているそう。 夢の塊のような人物。 せっかくだから記事を頼んでみると快諾!! 今回は坂元くんを紹介します…

ネパールの大雨による洪水・地滑り・土砂崩れ

*この記事はネパール東部と カトマンズの大雨被害の情報です。 ネパール全域における大雨により洪水や土砂崩れが 発生して、死者もかなり出ているそうです。 www3.nhk.or.jp 東部のビラトナガル空港は水浸しのようです。 www.jiji.com 電気と電波のない毎日…

ネパールで火災寸前の電線→どこに連絡するの?

火災寸前の火花をあげている電線を発見、何も処置されない状況を恐怖に思うが、学校へ行かなければとその場を立ち去る。実際、どこに連絡すればいいのかを調べた結果、少し恐ろしい結果に。 現状の結論は Himalayan Hydropower Pvt.Ltd → 01-4441216 に電話…

ネパールと東大の学生証の3つの大きな違い

ネパールの学校の学生証を受け取って見てみると、明らかに日本の学生証とは大きな違いが③つ。 ①そこには見慣れない「親父の名前」の欄がありました。確かに2段目に「Father's Name」とあります。ネパールの学生証は、全部親父の名前の欄があるのだろうか。…

警察官に交通違反で捕まりました【違反金500円!?】

下校途中でバイクの取り締まり現場を目撃、捕まったドライバーさんに図々しくもリアルタイムでインタビュー。整備不良の罰金が破格の500円であることにビックリした話。 自転車で登校していると、何やら道路の端で人の集まりがありました。怪しい雰囲気だっ…

日本のアニメ好きな女子高生 あの娘、実は…腐女子だったのか

商店の店先でアイスを食べてくつろいでいると、女子高生が登場。こちらが日本人だとわかると、途中から日本語で会話開始。その彼女は日本のボーイズラブのマンガで日本語を覚えていたことを家に帰って初めて知り、じわじわとマンガの凄さと怖さを噛みしめる…

ネパールの7、8月限定タトゥーの現場潜入

ネパールで人気の、1週間で消えるタトゥーを入れている施術現場に突入し、押し売り営業をかわしつつ、少しだけリアルな情報を仕入れた話。 7月はネパールでは、夫への愛の証拠として、女性は自身の手にタトゥーを描きます。街中で多くの女性がタトゥーをし…

「ヘビの日⑶」この腕の謎の糸はいつ取るの?

【第3話】つづき 蛇を崇拝する祝日で、半ばノリで巻かれたミサンガ的なものの拘束性に気づく俺。そのミサンガは2ヶ月後の祝日にまでつけていないといけない事が判明。俺には関係ない、と切ることもできるがネタのためにも家族のためにも切りたいのを我慢す…

「ヘビの日⑵」家族全員で蛇のお祭りしました

【第2話】つづき 早朝のお寺の参拝から帰ってきたのもつかの間、すぐにヒンドゥーの儀式が始まり、蛇の神様を家の3箇所にお祀りする話。 第1話はこちらからどうぞ。 「ヘビの日⑴」蛇を崇拝する祝日にお寺へGO - 東大院生経営「ネパール書店」 7月27日…

「ヘビの日⑴」蛇を崇拝する祝日にお寺へGO

蛇を崇拝する祝日、早朝6時から近くのお寺さんに参拝する。お母さんに引っ張られるままヒンドゥー式のお祈りをして、最後に手首にちょっとした罠をかけられてしまった話。 7月27日は蛇を崇拝する日、名前はよくわかりませんが「ヘビの日」です。学校も仕…

Apple Watch が9万円!?高すぎてビビった話

Apple Watch 2 が欲しくて、ネットで調べたら、日本(アメリカ)での販売価格の2倍以上して、アジア最貧国のネパールの実力に圧倒された挙句、日本在住の弟にバカにされた話。 ネパールに来て、運動不足もあったんで最近運動し始めたんですね。せっかくするな…

晴れの日限定!!太陽光パネルで快適なシャワータイム

ネパールのホームステイ先の屋上には、お風呂のシャワーのお湯を温める専用のソーラーパネルがある。つまり、晴れた日しかお湯が出ないということを自覚して、冬が来なければいいのにと思った話。 ホームステイ先の屋上には太陽光発電パネルがあります。意外…

ホームステイのお母さんの庭を刈り込みました

ホームステイ先の庭木を、素人が果敢にも刈り込む。ネパールのために、ほんの少し、1ミリくらいは役に立ったんじゃないかと思ったって話。 ネパールのホームステイ先のお家は、庭もある大きなお家です。使用人の方がいて、家を綺麗に保ってくれます。今日は…

ルンバおばちゃんがネパール書店の最新イノベーション?

ネパールの本屋で、お掃除ロボットのように、スイスイと足を使って雑巾掛けするおばちゃんに遭遇。それを見て、この本屋の店長が言ってのけたイノベーションとはなんなのか、家に帰ってからじわじ気になって改めて考えた話。 本屋さんで、本を物色していると…

真夏の街頭販売おじさんに外交状態を教えてもらう東大生

ネパールの街で出会った、インド出身のアクセサリー商売人のおっちゃんと世間話。おっちゃんとの話の中で、巨大国家インドと中国に挟まれた、貧しいネパールで商売をする過酷な状況が、じわじわとボディーブローのように効いてくる。街中の商売人の心の中と…

暑い夏にはフローズンヨーグルトの「fROYO」のテラス席で

真夏のネパールでいかにもお腹を壊しそうなフローズンヨーグルトに挑戦する。ヨーグルト感はそんなに感じれない、「ソフトクリームのフルーツ盛り」屋さんと勝手に位置付けた。優雅なテラス席で店員さんに質問して、現地のフィットネスクラブの雰囲気を教え…

ホームステイ先の庭の花 ネパールの夏の花

ネパールは意外と日本の植生と似ているところがあって、日本でおなじみのお花を見ることもできる。ホームステイ先の花たちの写真を通して、自然豊かなネパールのちょっとした一面を紹介する話。 ホームステイ先のお庭では色々な植物を見ることができます。色…

本格的コーヒーを飲みたいなら「ちくさ」へ

ネパールにある日本料理屋を回ろうの企画の1つ。うまいコーヒーが飲めるからということで友達から紹介してもらった喫茶店で、入ってるアイスもコーヒーでできているというアイスコーヒーをいただいて、久しぶりの日本特有のこだわりを感じて嬉しくなった話…

7、8月は緑の月 緑色コーデのマダム達

ネパールの学校や街角のマダムの、緑色のコーデを紹介する話。 ネパールの7月は街中に緑色の服を来た女性が増えます。服だけじゃなくて、腕にはブレスレットやタトゥーも見れます。早速、学校の先生ががっつりと7月仕様の服装で現れたので写真を撮らせても…

「いでよシェンロン」ドラゴンボールの漫画ネパールの本屋でも発見

ネパールの本屋でドラゴンボールを発見して、背表紙を勝手に整えて、勝手にその自分の変態行動について考察する話。 学校の近くの本屋で日本語の本を探していたら、ドラゴンボール発見しました。漫画の英語版ドラゴンボールですね。ドラゴンボールの漫画とい…

商店の超お手軽アイス4種類全部制覇【勝手に番付】

小さな商店が乱立するネパール。近所の唯一アイスクリームを扱ってるお店で、安いアイスを全部食べて、勝手に順位づけ。食べたことない謎の味に遭遇。話がほとんど通じないのに店主のおばちゃんと仲良くなった話。 7月のカトマンズ、雨は降ってその時は気温…

え?この人も神様なの?謎に包まれるネパールの神々

街を歩いていたら、ヒンドゥー教の神らしからぬ神さまのお面を見つけてしまう。気になりすぎて家族に聞いて見るけど、誰一人としてわからない、そんな心のつっかえが取れないまま今に至るっていう話。 ネパールはほとんどの人がヒンドゥー教徒です。なので、…

ミシンのスピードMAX!!ネパールのTシャツ作り

街角のお仕事中の仕立屋さんのお店に、図々しくも上がって、間近でプロの技を見せてもらって、ただただ感心するって話。 ネパールの街を歩いてると、裁縫屋さん?みたいな小さなお店を見かけます。店頭でミシンで何かを作ってます。図々しくも、お仕事中のお…

ネパール語学習に便利な激安300円辞書発見

ネパール語から日本語、日本語からネパール語を調べられる、300円のハンディサイズのコスパ最強の辞書を買ってみて、今もそれを愛用してるって話。 ネパールで辞書をゲットしました。なかなか手頃な値段で。ラッキーです。 先日ネパール語の授業が早速始まり…

洗濯おばちゃん登場!?ネパールの洗濯事情

水不足で停電がすぐ起きるネパールでは、洗濯機は広く普及されていなく、大体みんな手洗いで、屋上にロープを使って干す。ホームステイ先には洗濯のためだけに週1回おばちゃんがくるって話。 日本では洗濯機に入れとけばそれで終わり、ってな感じでしたが貧…

草食系男子に告ぐ!!お土産をココで買ったらいい3つの理由

日本の大学院生が経営しているという「ネパールクマリ」というお土産やさんは、日本人向けのお土産が揃っていた。ミニチュアなアイテムが所狭しと並べられていて、いかにも女性に受けそうなものが置いてある。お土産を迷っている、女子を喜ばせたい草食系男…

日本の「古き良き時代の」カレーが食べられるネパールの食堂

日本でも食べられなくなった、昭和の懐かしのカレーがなんでかネパールで食べられる。頼んだカツカレーの虜になりそう、いやもうなった、また行こうと脳みそが勝手に思ってしまっているって話。 日本の、古き良き時代のカレーが食べられる店が、日本ではない…

ネパール版ディズニー-ランド「カトマンズファンパーク」が熱い

ネパールの首都のカトマンズにある、「怪しい」夢の国を、あの人気キャラクターたちが直々に紹介してくれるって話。 *もちろんこの物語は全てフィクション。 ミツキー「こんにちは、ハハ。」 ミニイ「ミツキー、今日は天気がいいわね。」 ミツキー「最高さ…

グロ映画「SAW」を連想させる不気味すぎる拷問マネキン

めっちゃ怖くてグロい映画「ソウ」に出てきそうな、斜め上をいくマネキン達を紹介するっていう話。 通学路にある、気になる服屋さんに入りました。ネパールのマネキンは斜め上をいってますね。頭に目がいきすぎて、服のことが頭に入ってこないです。 この方…

二度見してしまうセブン-イレブン 看板の色を塗り変えちゃったのかな?

完全にパクったなーと思われるセブン-イレブンを発見。店内の紹介と共に、最近話題の色違いのブラックセブンの流れをトレースする話。 コンビニ王手の「セブン- イレブン」。赤・緑・オレンジの3色で構成されたロゴマークは、誰もが一度は目にしたことがあ…

雨季の発展途上国の道路の舗装状況「タメル」地区

ネパールの首都カトマンズの中の最も観光客の訪れる地区タメルも、雨が降ってしまえば脆弱すぎるインフラだという話。 ネパールの雨季は6月から8月にかけて続きます。経験的には1日中ずっと降り続けるっていうのは珍しく、1日のどこかで晴れます。雨が降る…

2000円札が廃止されない理由、2000ルピー札がない理由

2000円札の使い道に困る日本、なんで廃止されないのか。一方ネパールの高額通貨の貧弱さで不便な国民。なんで2000ルピー札がないのか。いっそ日本の2000円札をネパールで買い取って使えばいいんじゃないかって話。 最近2,000円札って見ましたか?ほとんど見…

ネパールの大学院生の修了論文のテーマってどんななの?

ネパールの大学院生が修士論文のざっくりとしたテーマが「ブッダも生まれた宗教的な観光地ルンビニのホテル間における、旅行者が抱く、サービスに対する満足度の違い」ということで、それを120人のツーリストとの対話によって調べると言ってたから、それで本…

【既婚女性限定!?】タトゥーのもつアート要素の可能性

ネパールのタトゥーを通して、東京オリンピックを控えた日本でのタトゥーの認識の差れ方について考えるって話。 お母さんの親戚の大学生の女の子がお昼を食べに家に訪ねてきました。ネパールの大学の様子などを軽く聞きたいなと思っていたので超ラッキーでし…

ネパールのスタバ的な存在:ツーリストの集合場所

ネパールでスタバのように利用されているカフェ「HIMALAYAN JAVA」の利点は①電源がある点、②Wi-Fiが2種類飛んでいる点、③長居しても大丈夫な点という話。 ネパールのスタバこと「HIMALAYAN JAVA」さんに来ています。カトマンズには何店舗かあるみたいですが…

トリブバン大学のビソバサ校の入学オリエンテーション

ネパールの語学学校のオリエンテーションでビザ目的学生はやめてください、授業とテストには来てくださいと、一見当たり前のことを言われた話。 ネパールの国立大学トリブバン大学のビソバサ校の生徒になりました。ネパール語の1年間コースです。トリブバン…

ネパール式のプチ断食に参加してみました

ネパールの断食は、特定の日だけベジタリアンのような食事の選択をする。肉も魚も食べてはいけない日の夕飯が、韓国のインスタントラーメンだったって話。 ブログのタイトルのように、参加してみたというよりは、かなり受動的に自動的に巻き込まれたという方…

スラムダンク「左手は添えるだけ」ネパール流ものの渡し方

ネパールの人が丁寧に物を渡す時は、両手で渡さずに、右手でだけで物を渡して、左手は右手に添えるだけというスタイル。スラダン花道と同じ「左手は添えるだけ」方式が正式だって話。 漫画「SLAM DUNK」において、ゴリが花道にジャンプシュート成功の秘訣を…

注文を受けてから買い出しへ!?ネパールのスローフードすぎるバーガーを食す

雨宿りに入ったレストランで、ラッシーとハンバーガーを注文した後に、バイト君が食料調達のために買い出しに走ったって話。ハンバーガーはあんまりオススメできないけど、フライドポテトはなかなかイケるって話。 私は雨が降ってきたら、どっかのお店に入っ…

謎に包まれるネパール王族大量殺人事件

かつて王様がいたネパールだが、不可解な事件で王族が皆殺しに殺される。特定の人物を除いては…。今尚謎のベールに包まれたこの事件の、不可解なポイントを5つ挙げ、その後に自由とはなんなのかということを考えさせられるって話。 ネパールには昔は王様が…

スターバックス非公認のスタバが新アジト候補に

家の近所のスタバもどきの店に入ると、ただ市販のスタバの豆を使っているだけということが判明し、コーヒーを敬遠してミルクティーを頼んでしまう。このカフェの付加価値は「近所」っていうことだけだが、それでもちょくちょく通うにはいいかもしれないと思…

ネパールで未来型の卓球クラブに入会しました

野外の公開卓球場で卓球をする。この卓球場を改めて考えると、市民の交流を低コストで産むという点で、意外と日本の未来にも必要なんじゃないかなと思ったって話。 ネパールで運動不足を感じていたところ、耳寄り情報をゲットしました。近所に卓球ができると…

ネパールの銀行口座開設【Sanima Bank編】

ネパールで銀行口座を開設した際の必要な書類のまとめ。日本円を預金するときには、ひたすら文字列を書かされる。口座を開設するなら近所が絶対おすすめって話。 ネパールで長期滞在するなら、銀行口座が必要です。ネパールにもメガバンクが数社存在するよう…

ネパールの映画には途中に15分の休憩時間がある

ネパールの映画は途中に15分間の休憩時間があって、その間に飲み物や食べ物を調達することを知って軽くカルチャーショックを受けたって話。 ネパールでは、どの映画にも休憩時間が設けられていて、約3時間で映画は終わるそうです。私は、知らなかったので…

結婚が自由に許されないネパール「大富豪」縛りルールのよう

カースト制度が根強く残るネパールでは、結婚に関しても様々なルールがある。逆に言えば、自由が制限されていることによりより多くのカップルも誕生しているんじゃないかと考えてしまったって話。 ネパールはカーストが残っており、名前がカーストの名前にな…

ネパールの日曜は平日→東京の美容室の新戦略

ネパールは週休1日制で、土曜日だけがおやすみ。商店などはそれを外した、火曜日におやすみをとる。火曜日休みって、東京の美容院を思い出して、美容院がなんで火曜日休みなのか意味がわからないと主張する。火曜日休みはやめて、新しいサービスをコンボさ…

世界の屋根「エベレスト」登頂してきました

エベレストという餃子屋さんに行って、パクチースープ餃子を食べたってだけの話。 ネパールの最大の目玉は何と言ってもエベレストです。エベレストは、ヒマラヤ山脈にある山頂の中でも格段の高さです。ちなみに、ヒマラヤ山脈内ベスト3は、1st エベレスト (…

世界最先端!!世界の57年先をネパールがゆく

ネパールが公式に使ってるビクラム暦が、西暦と57年違っている。今ネパールは2074年、と言われるとかなりの違和感を抱いてしまっていることについての話。 ネパールは現在2074年です。もちろんタイムスリップはしてませんよ。西暦では2017年ですが、…

経済的不利益倍増?住所も宅配便も機能しないネパール

Amazon生活に慣れた日本人が、住所や配達の機能しないネパールに住むと、かなりの不便を感じ、同時に諦めの心を学ぶ。システムが構築されていない、機能していないネパールが抱える経済的なダメージや、それとは逆のささやかなメリットを軽く考えてみたって…

泥沼化したシステム崩壊はカースト制度が加速させる

ネパールをもっといい国、住みやすい国、ハッピーな国にすればいいのにと色々はアイデアを考えてみても、根底にあるカースト制度がそれを複雑化させる。人を幸せにしない制度なんて、この世からなくなればいいのにって話。 ネパールにはカースト制度が根強く…