東大院生経営「ネパール書店」

「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ではありません。民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムがつまっています。 温室育ちで図々しい店長が、アジアの最貧国で失敗挫折しながらも諦めずに奮闘する過程・時間を通して、アイテムをたっぷりとご用意する予定です。その品揃えの個性とセンスは、ぜひお越しいただきお確かめください。

直接交渉!!ネパールの怪しいタクシー事情

ネパールでタクシーに乗るときは、ぼったくってくるので強気に直接交渉しよう、乗せてくれる時点で彼らに損はないので、「安く乗せてもらって気がひける」って感情はいらないって話。

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170717174645p:plain

 

ネパールの7月は雨季にあたり、ほとんど毎日雨が降ります。ただ、日本の雨と違って、夕方ぐらいから夜にかけてだけ降ることが多く、断続的に降り続けるってことは少ない印象です。もし雨が降ってきても、30分ぐらい待っていれば、一度くらいは雨の切れ間が来ることが多いです。だから、一時避難して、雨宿りして、雨が弱くなるのを待って、ささっと移動すればなんとかなることが多いです。しかし、わがままにも、私は雨が止むのを待つのも時間の無駄だしタクシーをつかまえようかなと思いました。

 

私「今日も雨だね」

友達「雨季だからね、毎日降るよ」

私「待ってれば止むかなー、お腹減ったよー」

友達「んーどうだろうねー、待ってればなんとかなるでしょ」

私「えー、雨止むかわかんないしタクシーで帰ろうかなー」

友達「えーーー?なんでタクシーなの?めちゃくちゃ高いよ」

私「いくら?」

友達「いくらとかないよ。」

私「え?日本だったら初乗りとメーターを使うシステムだよ。」

友達「ネパールもそうだけど、みんなメーター使わないよ。直接交渉だよ。」

私「交渉しないといけないのね?なんでメーター使わないの?」

友達「メーター使うと損するからだよ、いいから今日は一緒に雨が止むまで待とう」

私「そうか、んー。待つよ。ありがとう。」

 

ネパールではメーターが義務付けられているみたいです。地球の歩き方の情報によると、初乗りは14円で200mごとに7円(20時〜翌6時の夜間は、初乗り21円、200mごとに10.5円)となっています。それに加えて20年以上前に製造された車は営業不可になったようです。タクシーをみているとかなり古いなあと思うこともしばしばですが、ネパールは見た目で判断できない部分も多いのでわかりません。それと、ネパール人にしては雨が降ったぐらいでタクシーに乗るっていうことは、考え方的に珍しいようです。こんなシチュエーションが3度ぐらいあって、みんなすごく驚いていました。早く濡れずに帰りたいって思ったら、タクシー乗りたいなっていう思考は日本に住んでいたからかな?ぜいたく病かな、反省、反省。

ネパールのタクシーは基本的に直接交渉だと思った方がいいです。いくらぐらい払えばいいかわからなかったら、3台くらいのタクシーの運ちゃんと軽く話して、大体の相場を探るといいと思います。大体ふっかけてきます。ぼったくられないように、強気で交渉しましょう。納得できなかったら、きっぱり断るといいと思います。安すぎかなっていう値段から始めたらいいと思います。どんな値段でも、乗せてくれるってことは、必ずタクシー側に利益が発生しているので、気負わず利用しましょう。友達は、タメルから空港まで300円で行ったことがあるって言っていました。結構安い、うまくいった感じなんじゃないかなと思います。あくまで参考で。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170726113713j:plain

 

あと、ちょっと変だなーと思うことがあります。ネパールのタクシーの座席にはじゅうたんが敷いてあります。後部座席3列分に長い1枚の絨毯が敷かれていることが多いです。「シートを傷つけないため?」「乗り心地をよくするため?」「お客さんへのサービス?」よくわかりませんが、絨毯もなかなか悪くないですよ。ネパールらしくて私は好きです。

ネパールや、発展途上国でもそうですが、でタクシーと観光客をくっつけるサービスがあればいいなと思います。便利なのに、ぼったくられたりするのに使えないとか意味ないですから。ぼったくらなくても、妥当な値段でサービス提供するタクシー運転手はもっと仕事が増えるし、儲かると思います。双方ハッピーになるサービス、システム、仕掛けが必要ですね。もっとも、ネパールのタクシーの運ちゃんは、あまり働きたくはないのかもしれませんが。