東大院生経営「ネパール書店」

「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ではありません。民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムがつまっています。 温室育ちで図々しい店長が、アジアの最貧国で失敗挫折しながらも諦めずに奮闘する過程・時間を通して、アイテムをたっぷりとご用意する予定です。その品揃えの個性とセンスは、ぜひお越しいただきお確かめください。

あの「伝説のすた丼」がネパールに進出?

ネパールでも、すた丼が食べられる嬉しさに、咽び泣くって話。

他の日本料理屋もリストアップして、制覇していこうと決めたって話。

 

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170717213446j:plain

 

日本食が食べたい!!外国に長くいると、日本人なら必ず思っちゃいまよね。

ネパールに来てから、毎日カレーが続き、日本食を久しぶりに食べたいなということで、観光地タメル地区にある「絆」という日本食レストランに行ってきました。レストランというか野外フードコートにある小さな売店といったほうが適切です。

 

メニューには日本食が並びます。カツ丼や、天丼、親子丼、照り焼き丼など、丼ものを中心にしてメニュー展開をしています。海老天ぷらや厚焼き卵などの単品メニューもあり食欲をそそります。一番目を引いたのは、すた丼!!あの、伝説のすた丼と何か関係あるのか?とにかく気になって頼むことにしました。いつもなら大盛りチャレンジするんですが、そんなサービスはないですよね…。スタ丼ではなく、ひらがなのすた丼ってところが可愛くていいなと思いました。久しぶりに、ひらがなを見たので、愛らしく感じましたね。

 

売店は料理人のおっちゃんと、バイトのお姉ちゃんの2人がいました。売店の広さは二畳ぐらいで、小さな厨房という感じです。

すた丼を頼むと、お席はご自由にという感じだったので、お店の前の厨房の動きが見えるテーブルにしました。ネパールですた丼をどうやって作るのかなー?と不思議だったからです。おっちゃんが肉を解凍し始めて、お姉ちゃんはニンニクを切ったり、薬味を切ったりし始めます。おっちゃんは肉を炒め始めて、10もしないうちに着丼。

これが俺をひきつけた店頭の見本の写真。比べてみても遜色なし。

f:id:neparuntaizaiki:20170717214007j:plain

 

日本のすた丼と比べるのは反則なのかもしれませんが、かなりのクオリティでした。シンクロ率87%って感じです!!久しぶりのジャポニカ米でしたが、もうちょっと硬く炊くとうまいかなーと思いました。生卵はさすがに衛生的にダメかなーとは思いましたが、思いっきって食べました。特にお腹は痛くならなかったです。ラッキーです。おっちゃんに頼めば卵を目玉焼きにしてもらえるそうですので、心配なさらず。

 

今回はすた丼でしたが、親子丼や海老天ぷらなどの他のメニューも食べてみたいなーと思います。270〜380円とネパールにしてはかなり高い方ですが、時々気分転換も兼ねて食べるのも悪くないなと思いました。また、タメル地区には、多くの日本料理屋さんがあるみたいなのでそこにも行こうと思っています。以下に、タメルにある日本料理屋さんをピックアップしておきます。これからどんどん制覇していきたいと思います。

 

「ちくさ」さん…コーヒーがうまい、モーニングならココ

「桃太郎」さん…人気チェーン店で低価格

「ロータス」さん…ネーパールカレーと日本のカレーの夢の融合

「おふくろの味」さん…ベーシックな日本料理

「ふる里」さん…手頃な定食屋

「一番さん…比較的新しくできた店

「古都」さん…寿司を食べるならココ、割高

「ちゃちゃかふぇ」さん…洋風料理が人気

「こてつ」さん…鉄板焼きが食べられる

「ヒマラヤそば処」…そばが食べられる、打つところ見れるかも?

 

これらに「絆」さんを入れて、タメルの日本代表イレブンと呼ぶことにします。日本代表イレブンのお手並み拝見です。