東大院生経営「ネパール書店」

「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ではありません。民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムがつまっています。 温室育ちで図々しい店長が、アジアの最貧国で失敗挫折しながらも諦めずに奮闘する過程・時間を通して、アイテムをたっぷりとご用意する予定です。その品揃えの個性とセンスは、ぜひお越しいただきお確かめください。

2000円札が廃止されない理由、2000ルピー札がない理由

2000円札の使い道に困る日本、なんで廃止されないのか。一方ネパールの高額通貨の貧弱さで不便な国民。なんで2000ルピー札がないのか。いっそ日本の2000円札をネパールで買い取って使えばいいんじゃないかって話。

 

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170720162321p:plain

 

最近2,000円札って見ましたか?ほとんど見ないし、若い世代はもしかしたらその存在すらも知らないのかもしれないですね。twitterでは珍しい2,000円札を出したら、偽札だと思われて通報されたっていう話が注目されていました。見た事も触った事もない人にとっては、疑うってのはしょうがない気はしますけどね。そんな国民に浸透していない2,000円札なんて廃止すればいいのにと思っちゃいますよね。

 

そもそも2,000円札は、17年前(2000年7月19日)に、西暦2000年という意味のミレニアムという点と、九州・沖縄サミットを記念して発行されました。表面には沖縄県の首里城の「守礼門」、裏面には源氏物語と紫式部が描かれました。当時はどこかしこで2,000円商品が発売されていたことを思い出します。それと同じく、沖縄サミットということで沖縄出身の歌手の安室奈美恵さんの「NEVER END」も記憶にあります。あの頃は小室ファミリー全盛期でしたもんね。

 

「もう廃止したほうがいいのでは」という声もある中で、なぜ今も使用可能なのか。国としてもこの2,000円札を廃止しない理由がしっかりあるみたいです。財務省によると、同紙幣は現在でも約1億枚流通しているとのことです。そして彼らは、この2,000円札があることで、小口決済手段の多様化・効率化を通じて、支払いに使う紙幣の枚数を節約できると考えているようです。超ざっくりいうと「買い物の時に1000円札を2枚出すくらいなら、2000円札1枚で済んだら楽じゃん」ってことです。そうかもしれないけど、日本人には2や20、200、2000という数字に対して馴染みがあまりありません。これらの数字を見てもキリの良さを感じません。一方、アメリカやヨーロッパの人は20に対して、キリの良さを感じるような文化背景があるようです。一時は使われていたけど、今は流通してるのに使われていないっていうことは、日本人にとって2000という数字に対してあまり良いイメージがないという事も1つの要因なんじゃないかなと思います。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170720162342j:plain

 

所変わりまして、こちらネパールでは最高金額紙幣が1000円です。もちろん、物価は日本に比べると安いですが、日本と変わらない、むしろ割高の値段のものもあります。携帯やテレビなどの家電なんかは、日本とそんなに金額の差を感じません。例えば50,000円のiPhoneを買いますってなったら、日本だったら最低5枚の10000円札を用意すればいいわけです。一方ネパールだと最低でも50枚の1000円札を用意しないといけません。50枚も紙幣を入れたら、財布がパンパンになります。iPhoneくらいならまだわかるかもしれませんが、もっと高価なものの買い物をキャッシュでしようと思ったら、札束が必要です。実際にネパールに来て札束を持ち歩いている人を何人も見ました。正直、物騒だなーと思います。銀行に行ったとき、隣のお客さんが札束の山をカウンターに出して、預け入れをしようとしていました。昔、社会の教科書で、ドイツのインフレを表す挿絵にこんなのがあったなーと思い出しました。はっきり言うと、不便です。こんな国だったら2000円札はかなり活躍するんじゃないかなーと思いますよ。もっと言うなら、ネパールでも最高金額紙幣は10,000円にすると非常に便利だと思います。だって買い物ってなったら、日本とほとんど同じ額になることが多いですもの。物価が上がり続けているネパールでも、近い未来新たな紙幣が登場することを願います。

 

ちなみに数年前、沖縄のATMで1万円を下ろした時、レアな2000円札が5枚出て来ました。初めは気づかなくて、1000円札が5枚しかでなかったと思ってビックリしました。すぐ2000円札であることに気づいたんでよかったんですが、本場の沖縄でさえ2000円札を消費するのは抵抗がありました。沖縄の人も1000円札と間違えるんだもの。日本全体で2000円札を見なくなったっていうのも、しょうがない話なのかなと思いました。

 

そこで、いっそ日本の2000円札をネパールで買い取って使えばいいんじゃないかって話。法律のこととか、事務的な手続きとか、国間の外交・経済関係はよくわかんないけど、両国の悩みを一気に解決できる策だと思う。お金自体にほとんど価値はないんだから、買い取ってそのまま並行して2000ルピー札として使うのはどうか。お札を作る技術も盗めるかもしれないしね。そんなことしなくても、ネパールは2000ルピーを刷っちゃえばいいのに、結構便利になるよ。