東大院生経営「ネパール書店」

「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ではありません。民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムがつまっています。 温室育ちで図々しい店長が、アジアの最貧国で失敗挫折しながらも諦めずに奮闘する過程・時間を通して、アイテムをたっぷりとご用意する予定です。その品揃えの個性とセンスは、ぜひお越しいただきお確かめください。

日本の「古き良き時代の」カレーが食べられるネパールの食堂

日本でも食べられなくなった、昭和の懐かしのカレーがなんでかネパールで食べられる。頼んだカツカレーの虜になりそう、いやもうなった、また行こうと脳みそが勝手に思ってしまっているって話。

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170721224519j:plain

 

日本の、古き良き時代のカレーが食べられる店が、日本ではないネパールで食べることができます。昭和の商店街にあったような、少し落ち着けるようなカレーが食べられます。今回は、タメル地区にある「ロータス」さんをご紹介します。ロータスさんはタメル地区にある数少ない日本食の食べられるレストランです。店舗は2Fにあって、「あれ?こんな所にあったんだ」というくらい発見するのが難しいです。お店の看板が出ていますが、街全体にそのような看板や文字が並んでいて、看板自体を発見するのが難しいです。看板には「ロータス・レストラン  カフェ・ギャラリー」と書いてあります。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170721225552j:plain

 

こんな入り口から入っていき、右手の階段を登ると到着します。

f:id:neparuntaizaiki:20170721225641j:plain

 

店には長いカウンター席とテーブル席が3席程あり、広々とした感じです。

f:id:neparuntaizaiki:20170721224320j:plain

 

店員さんは日本のJTのエプロンつけていて、思わず写真をお願いしてしまいました。

f:id:neparuntaizaiki:20170721224330j:plain

 

 

フィッシュカツカレー。

f:id:neparuntaizaiki:20170721224436j:plain

 

こちらチキンカツカレー。

f:id:neparuntaizaiki:20170721224422j:plain

 

他にも数多くの日本食がメニューに並んでいました。

こちらがネパールで食べられる味噌汁です。ラーメン茶碗くらいのビックサイズにビッックリでした。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170721224533j:plain

 

デザートも豊富です。暑い日に食べたくなってしまうかき氷もあります。

f:id:neparuntaizaiki:20170721224350j:plain

 

日替わりデザートっていうのもあって、金曜日だったのでたい焼きをゲット。ネパールなのにお箸まで出てきました。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170721224339j:plain

 

こちらは小倉ミルクという、あんこに練乳がかかっているデザートです。激甘。

f:id:neparuntaizaiki:20170721225900j:plain

 

日本でもあんまり食べられない、古き良き時代のカレーを食べるならココ、ロータスさんに来ることをオススメします。ネパールと日本の融合体のレストランで、ネパール流の日本食でリラックスしましょう。