東大院生経営「ネパール書店」

「書店」と銘打っているものの、この店にあるのは本ではありません。民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムがつまっています。 温室育ちで図々しい店長が、アジアの最貧国で失敗挫折しながらも諦めずに奮闘する過程・時間を通して、アイテムをたっぷりとご用意する予定です。その品揃えの個性とセンスは、ぜひお越しいただきお確かめください。

暑い夏にはフローズンヨーグルトの「fROYO」のテラス席で

真夏のネパールでいかにもお腹を壊しそうなフローズンヨーグルトに挑戦する。ヨーグルト感はそんなに感じれない、「ソフトクリームのフルーツ盛り」屋さんと勝手に位置付けた。優雅なテラス席で店員さんに質問して、現地のフィットネスクラブの雰囲気を教えてもらう話。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170728012027j:plain

 

通学路に夏にはぴったりのフローズンヨーグルトのお店を見つけました。フローズンヨーグルトとか日本でも食べたことないなーと思いつつ、物は試しだと早速入店。入店といっても、小さなデパートの外にある出店みたいな感じです。フローズンヨーグルトを短く略して「fROYO」と言う店名なのかなと思います。

 

店員「ナマステ。何にしますか。」

私「ナマステ。メニュー見せてください。どれがオススメですか。」

店員「うちのお店は、ソフトクリームにフルーツを盛り付けるデザートが主な商品です。」

私「そうなんですね。美味しそう。名前は色々ありますけど、これは要はカップの大きさの違いってことですよね。じゃあ、レギュラーサイズのこれで」

店員「はい、わかりました。ソフトクリームはマンゴーとブルベリーのどちらにしますか?」

私「夏なんでマンゴーでお願いします。」

店員「わかりました。じゃあ次にフルーツを選んでください。4種類まで選べます。」

私「4種類ですか。じゃあマンゴーとパパイヤで。あとは、、、」

店員「他にも色々ありますよ。オレオとか、クッキーみたいなお菓子系、レーズンにピーナツとかくるみなんかのナッツ系」

私「くるみとレーズンで」

 

f:id:neparuntaizaiki:20170728012113j:plain

 

店員「わかりましたー。どうぞー。お客さん中国人?」

(中国の方が多いのか、大体この質問をされます。)

私「一応日本人です。学生してます。」

店員「そうなんだね。」

私「最近運動不足でジム行きたいんですけど、ここら辺にありますか」

店員「ジムねー、ここら辺は結構あるよ。すぐそこにもあるしね。自分の目で見て確認したほうがいいよ。ジムで雰囲気とか値段とかかなり違ったりするしさ。」

私「ネパールの人も結構運動好きなんですね。スポーツとかあんまり聞かなかったから。」

店員「みんな好きだよ。プライベートとパブリックってのも分かれてるから、事前に調べるといいかもよ。男女比とか、置いてる器具の種類や新しさ、フローリングの広さ、エアロビとかダンスの教室があったりするから、行って見ないとわかんないね」

私「そうなんですね、適当に考えてました。運動不足すぎて、とにかく運動したくって。走るにも、ネパールの道はデコボコしてたり、車やバイクの通りが激しくって。とにかく、いろんなフィットネスクラブに行って、話を聞いて、体験して見ます。ありがとうございます」

 

f:id:neparuntaizaiki:20170728012112j:plain